会則

   

第1章 〈総則〉

第1条 : 名称

本会は日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会(JASHNE)と称する.

第1条 : 事務局

本会の本部事務局は東海大学医学部内科学系循環器内科に置く.

第2章 〈目的および事業〉

第3条 : 目的

本会はホルター心電図法を含む携帯心電学、ノンインべイシブ心電学等に関する研究の推進ならびに以上の研究を通して広範な分野の医療、社会の発展に寄与することを目的とする.

第4条 : 事業

本会は、前条の目的を推進、達成するために、次の事業を行う.
(1) 毎年1回の定期研究会を開催
(2) 講演会・研究会の随時開催
(3) 理事会、幹事会、その他の委員会の開催
(4) その他

第3章 〈会員〉

第5条 : 会員

(1) 会員は本会の目的に賛同し、日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会に参加した医学・医療関係者とする.
(2) 賛助会員は本会の目的に賛同する医学・医療関係機関(会社等)・個人とする.
(3) 名誉会員、特別会員をおくことができる。基準は別に定める(第4章).

第4章 〈役員〉

第6条 : 役員について. 定数、任期、選任等

(1) 名誉会員、特別会員(各若干名). 名誉会員は代表理事(旧代表幹事)あるいは理事(旧常任幹事)を3期以上務め、とくに本研究会発展に寄与した会員で理事会で承認されたもの、特別会員は研究会長、理事(旧常任幹事)を務めた会員で理事会で承認されたものとする. ともに任期は終身.
(2) 代表理事(1名). 前任代表理事あるいは複数の理事の推薦で理事会で承認された会員. 任期は3年間、再任可. 代表理事は副代表理事を推薦することができる。
(3) 理事(若干名). 代表理事あるいは理事の推薦で理事会で承認された会員. 任期は3年間、再任可.
(4) 幹事(若干名). 代表理事、理事あるいは複数の幹事の推薦で理事会ならびに幹事会で承認された会員. 任期は3年間、再任可.
(5) 監事(2名). 代表理事あるいは理事の推薦で理事会ならびに幹事会で承認された会員. 任期は3年間、再任可.
なお、役員で定期選任(3年毎)以外の場合の任期は定期選任までの残存期間とし、再任を可とする.

第7条 : 研究会会長の選任

(1) 研究会会長. 代表理事の発議により理事会の推薦を受け幹事会で選任する。
(2) 任期は1年. 期間は前年度研究会開催日翌日から翌年度の研究会開催日までとする. なお、研究会の残余整理は会長として行う。

第8条 : 職務、権利

(1) 名誉会員、特別会員に義務となる職務はない。研究会会費免除の権利を有する。
(2) 代表理事は本研究会を代表し、研究会会長、理事、幹事、監事などの人選を発議する、総務、国際事項、学術、財務、ありかた委員会担当理事の推薦、研究会の運営など本研究会の全般の推進に努力する.
(3) 研究会会長は定期研究会を主催し、その内容を心電図学会誌に発表する。研究会当日に総会を主催し、理事会、幹事会の決定事項を報告する。また、議事録を作成し研究会本部事務局に提出する.
(4) 理事は本研究会の最高決議機関である理事会に出席し、研究会推進のため尽力する。
(5) 幹事は本研究会の決議機関である幹事会に出席し、研究会の発展、推進に努力する.
(6) 監事は研究会終了後、次年度の研究会開催までに研究会会長より収支決算報告書を受け監査する。翌年の研究会理事会、幹事会でその結果を報告する.

第9条: 理事会の構成と運営

(1) 理事会は理事によって構成され、年1回以上開催する。必要に応じ、随時開催できる。代表理事が招集し議長を務める.
(2) 総務、国際、学術、財務、ありかた委員会の責任理事は、担当分野につき先導的役割を果たす.
(3) 理事会は研究会の重要事項、一般事項につき議論し、決議する. 理事の過半数で議決する。各事項については幹事会に提議する.

第10条 :幹事会の構成と運営

(1) 幹事会は、幹事によって構成され、原則として研究会当日に開催する。研究会会長が召集し、議長を務める。代表理事は理事会の審議・決議事項を報告する。
(2) 幹事会は理事会から提議された事項ないしその他の一般事項を処理し決議する.
(3) 幹事会は出席幹事の過半数の賛同で議決する.

第5章 〈総会〉

第11条 : 総会の構成と運営

(1) 本会の総会は、研究会参加の会員をもって構成される。
(2) 総会は毎年1回、会長が召集し、本研究会日に開催する。総会では研究会会長が代表理事とともに理事会、幹事会の決議事項を踏まえ、事業報告、その他を報告する。前年度の収支報告は監事ないし前年度の研究会会長が行う.

第6章 〈会計及び会費〉

第12条 : 会計年度

会計年度は研究会会長の任期期間とする.

第13条 : 経費

運営は、研究会参加費および寄付金をもってあてる.

第14条 : 会費

研究会参加費額は会長が提案決定する.

第15条 : 収支決算

研究会の収支決算報告書は、研究会会長が作成し、監事の監査を経て次年度本研究会における理事会、幹事会の承認を受け、総会にて報告する。理事会、幹事会では監事が収支報告について説明する。総会報告後、報告書を本部事務局に提出する.

第7章 〈本部事務局〉

第16条 : 事務局

本部事務局は、代表理事の指示する部門におき、研究会が円滑に運営されるよう事務関係事項を担当する.

第17条 : 備え付け書類

(1) 会則
(2) 理事会、 幹事会の議事録
(3) 収入・支出に関する帳簿及び書類
(4) 役員名簿(理事、監事、幹事など)
(5) その他

第8章 〈補則〉

第18条 : 会則変更

会則の変更は理事会、幹事会で協議し変更することができる.

〈付則〉

本会則は平成17年6月25日版を改正し平成18年6月24日より施行する.
本会則は平成18年6月24日版を改正し平成19年3月10日より施行する.
本会則は平成19年7月6日版を一部改訂し平成22年7月10日より施行する.
本会則は平成22年7月10日版を一部改訂し平成23年7月9日より施行する.
本会則は平成26年6月7日版を一部改訂し平成26年6月7日より施行する.
本会則は平成28年6月11日版を一部改訂し平成28年6月11日より施行する.